九星気学の基本
本命星の特徴
一白水星
二黒土星
三碧木星
四録木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星
月命星と傾斜宮








東西を問わず、占いにもさまざまなものがありますが、中でも九星という分野は実用性という点で群を抜いています。他の多くの占いの類が未来予知を中心とするのに対して、九星という学問は、後天的に運命を切り開くということにかけては大きな力を発揮するからです。

九星気学は、人が生まれた年・月・日を基本として運命の流れを占います。人が住む環境や、移動する方角などは、人の考え方や習慣によって異なりますので、幸運を引き寄せ、幸わせな生活を送るための考え方や習慣を学ぶことが九星気学の本質となります。

先ずは目に見えない大気のエネルギーを「一白、二黒、三碧、四緑、 五黄、 六白、七赤、八白、九紫」の九つの星に分け、さらに「木」「火」「土」「金」「水」の五行の相性を組合わせます。

1.九星の基本
下の図は九星方位定位盤といい、九星の基本を表しています。星は一白水星から九紫火星まで九つの星があることが分かります。
普通の地図では北が上になっていますが、九星気学では南が上になります。それは南を太陽とし【陽】とみて、北を大地とし【陰】とみる【陰陽方位後天図】がこうなっているからです。
人は生まれ年によって九つの星のいずれかに属し、その星の性情や特徴から逃れることはできません。九星には長所と短所があるため、そのどちらが強く出るかで人は性質や運命さえも変わってしまいます。生まれ月や環境によって変わる己れ自身の特徴や変化を知ることで、長所を伸ばし、短所を封じることこそ、吉祥・幸福を射止める唯一の道となるのです!
2.星は循環する
定位盤を除く方位盤上の九星は、年・月・日ごとに一定の法則で方位盤上を運行しています。この動きは、中央 → 北西 → 西 → 北東 → 南 → 北 → 南西 → 東 → 南東 → 中央と運行し、絶えず変化しています。
気学でいう方位盤は、地図とは反対に上が南、下が北、右が西、左が東となります。
また、四正は各30度、四隅は各60度に振分けます。
2.天地のしくみと九星 ~五行~
天地の自然は、木・火・金・土・水 の5つの気によって構成されていると考えるのが東洋の運命学の根本です。
三碧木星・四緑木星
九紫火星
二黒土星・五黄土星・八白土星
六白金星・七赤金星
一白水星

相性の関係 横並びはいい相性
木 生 火  木と木が摩擦して火を起こす様子
火 生 土  火が燃えて灰が残り土に帰る様子
土 生 金  金は土の中から産出される様子
金 生 水  金(石・岩・土砂)は清らかな水をつくるの意
水 生 木  植物の成長に水は必要欠くべからざるの意
比和について 同じ星はいい相性
同じ五行に属す者同士の関係は比和といい、親しむ、兄弟、協力の意味を持つ
相剋の関係 相対するは悪い相性
木 剋 土  木は土の養分を吸い取るの意
土 剋 水  土は水の流れを止めるの意
水 剋 火  水により火の働きをなくすの意
火 剋 金  金は熱で溶かされ形を変えられるの意
金 剋 木  春に繁茂した木も金(秋)によって成長を止められるの意
3.運命学の1年は立春から始まる
1年は1月1日の元旦から始まり、12月31日の大みそかで終わりますが、運命学では立春を境として節入りで新年が始まり、翌年の節分で終わります。

そのため、立春(2月4日)以前に生まれた人は、前年の生まれとして九星を見なければなりません。ただしうるう年に限っては、節分は2月5日になりますのでご注意ください。
4.生まれ月の九星(月命星)の見方
月の九星を見るときも、二十四節気の節入りからその月を定めます。
※月命の節入りは暦でご確認ください。

トップページ  ご挨拶  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
Copyright © 占惺會 All rights reserved.