九星気学とは?
本命星の特徴
一白水星
二黒土星
三碧木星
四録木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星
月命星と傾斜宮








5.五黄土星
五黄土星の象意・意義
五黄土星の五は天地の数です。天地の数は五で宇宙の大自然に「木・火・土・金・水」の五行があり、人間には五臓・五感ありというように五は中心の数であり代表です。
五黄の黄は黄色の黄、古書には「天地玄黄」とあり、天の色は玄で黒々と果てしない色で、地の色は黄色であるとされています。しかしこの五黄土星の土は二黒の土ではなく王城の土であり奈落の土。一夜にして形を崩してしまう土なのです。土は万物を育み成長させる反面、地滑のごとく戦慄(せんりつ)すべき事態を引き起こすこともあるのです。
以上のことから、五黄土星は中央・支配・極盛・極衰・権威・強い・熱情・崩壊・全滅・新陳代謝・腐敗・変質・事故・病気など、善悪両極端な意味を持っています。
運命の傾向
生家が不安定な時に生まれることが多く、幼いころから苦労を経験した人がみられます。そのせいもあってか、成功に対して常に執念を燃やします。五黄土星は全般に心の広い豊かな人で、強く温和な性格の持ち主です。意志が強く、負けず嫌いですから目標の実現のためには努力を惜しまないタイプです。

プライドが高く人を見下す面もありますが、他人からの引き立てや、補佐役を得て生まれながらの強運の持ち主で人の上位に立つ人です。反面、自己中心のプライドが優先すると、気質が邪魔をして非社会的な行為を犯す人物も見受けられます。政治家や大企業家となって大成功する人もいれば、まったく目が出ない人がいることが五黄土星の特徴です。asou

良運の人は相当に人望を得て強運の持ち主になりますが、補佐役に暴走を抑える実力者が必要です。適任者がいないと自我が強く出て、高慢な態度で他人から誤解や反感を買い折角の実績をぶち壊しにしてしまいます。

外見はやわらかく見えても内心は驚くほどがんこで、心を許さずへんくつになる面や、他の人のアドバイスを聞かないことは大きなマイナスとなります。成功した後もテングにならないこと。感謝を忘れず、人を大切にすることが戒めとなります。

男女共に初年から中年までは苦労が絶えず、血縁関係はあてになりません。運気は晩年になるほど落ち着きますので、功を焦らず努力して、人格を磨きたくさんの味方をつくることが開運の道となります。
健康と体質

気力・体力ともに充実し健康な体質ですが、いったん発病すると重いか悪いかの傾向があります。肝臓・心臓・肺臓・腎臓・脾臓などの五臓の疾病・脳出血・くも膜下出血などの脳疾患・高熱性の疾病・胃がん・胃潰瘍・悪性伝染病・血液病・薬物中毒など要注意。
幸福への指針
事始めは好調でもやがて傾いたり、初めは不調でも突如好転したり吉凶相反しますが、悪化することがほとんどです。自分の力量を超えたチャレンジをすること、人を大切にしないことが原因になることが多いため注意が必要です。謙虚で良識ある言動が何より大切。それさえ出来れば大成功する人が一番多いのもこの星です。
適業・適職
政治家・官公史・宗教家・教育家・思想家・評論家・企業家・学者・支配人・裁判官・自衛官・俳優・医師・解体業・土木業・不動産業・金融業・葬祭業など

九星運勢と気質一覧
一白水星 二黒土星 三碧木星
四録木星 五黄土星 六白金星
七赤金星 八白土星 九紫火星
先ずは【本命星早見表】にてあなたの生年月日から本命星を見つけてください。本命星は1白水星から九紫火星まで9つの星があり、人は必ずどれかの星に属し、その星独特の運勢と気質を持っています。本命星を知ることで吉方位を見ることができますので、目まぐるしく変動する運勢を乗り切ることが可能となります。

【本命星早見表】はこちら

トップページ  ご挨拶  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
Copyright © 占惺會 All rights reserved.