九星気学とは?
本命星の特徴
一白水星
二黒土星
三碧木星
四録木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星
月命星と傾斜宮








7.七赤金星
七赤金星の象意・意義
七赤金星の七は・・・中国の古書には『七は陽の正位であって、七の字を解くと七の一は地平線であり、地中の気の出ずる様をいう」とあります。すなわち七の字は地中の気が地上に出て秋になって実った、完成したことを示すものであります。
大黒・恵比寿・毘沙門天・弁天・布袋・福禄寿・寿老人の七福神は収穫・福禄の喜びを現しています。
赤は五穀が秋を迎えて成熟した時の代表的な色であり、七赤の意味する夕方の空の色、そしてまた夕焼けの色、茜色の赤です。
金星の金は五行の金気であります。秋の空を金天といい、また金星は宵の明星といって夕刻に西方に現れます。七赤金星は自然にとれば潤いのある『秋』であり、自然の場でいえば、沢を表します。沢とは常に水をたたえた安住の地のことで、草木が繁茂(はんも)しすべての生あるものがその生を楽しむ平和郷であり、潤沢の星です。
以上のことから七赤金星は福禄・快楽・風流・娯楽・笑い・愛嬌・贅沢・社交・恋愛・酒色・能弁・説得・機知・ユーモア・少女・豪気・殺伐等の意味があります。
運命の傾向
誰よりも明るき行動的、人当たりが良く弁舌さわやかなタイプがほとんど。派手好みですがセンスがあり、人を楽しませる気のきいたサービス精神を持っています。 愛嬌があり事前に場のムードを盛り上げます。反面、短気でせっかちな面もあり、粘りがなく何事も中途半端で終わることが七赤金星の弱点となります。

七赤の人は金運もあるのですが、気前よくお金を使う衝動買いの人ですから、なかなかお金が貯まりません。風流にはまることなく、散在や浪費には気をつければなりません。

才能があり器用で社交性に富んでいます。常識に優れているため上司や先輩からは信頼されますが、ノルマを与えられるられるとめっぽう弱く、最後まで成し遂げることができません。求められるのは社交性だけでなく真の実力です。営業力や資格などに積極的にチャレンジすることで、自信を身につければ、本来備えている運気が生かされてきます。

初年はお金や仕事に困りますが、中年以降は徐々に好転し、むしろ運気は上々となります。メールや電話への返信が苦手な人が多いため、まめにリターンすること。健康上は冷えに気をつけ、栄養のバランスを取ることで中年以降の健康運を落とさないようご注意ください。
健康と体質
頑健ではありませんが芯があり、耐久力が強く、味覚に優れています。口腔・歯・咽喉などの飲食器官、胸部・腎臓・膀胱・性病・婦人科の疾患、またノイローゼ・打撲・創傷などに注意すべきです。
幸福への指針
人間関係に対する独自の本能をいかに生かしていくかが問題です。情に溺れず、また豊かな才能と能力を弄(もてあそ)ぶことなく、それを具体的な形にまとめ上げることが大切です。
また、好き嫌いの激しさを強固に出さず、一方であれこれと関心の的を拡大して、取らぬ狸の皮算用に終わらぬよう実力に応じた目的一本に打ち込むことによって大きく運気が発展していきます。
適業・適職
講演家・弁護士・顧問・芸術家・外科医・歯科医・司会者・芸能人・刀剣業・
軽金属加工業・食品業・飲食業・セールス業・娯楽業・芸者・各種アドバイザー等々

九星運勢と気質一覧
一白水星 二黒土星 三碧木星
四録木星 五黄土星 六白金星
七赤金星 八白土星 九紫火星
先ずは【本命星早見表】にてあなたの生年月日から本命星を見つけてください。本命星は1白水星から九紫火星まで9つの星があり、人は必ずどれかの星に属し、その星独特の運勢と気質を持っています。本命星を知ることで吉方位を見ることができますので、目まぐるしく変動する運勢を乗り切ることが可能となります。

【本命星早見表】はこちら

トップページ  ご挨拶  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
Copyright © 占惺會 All rights reserved.