九星気学とは?
本命星の特徴
一白水星
二黒土星
三碧木星
四録木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星
月命星と傾斜宮








9.九紫火星
九紫火星の象意・意義
九紫の九は最極・最高の数です。多い・極まる・久(ひさし)しなどの意味がありすなわち終極。九重・九天・九死に一生・九仞(きゅうじん)の功などの語にもこの意味が示されています。九紫の紫は東方の青、西方の赤が融合された色であり、最も旺盛な炎の色です。また、紫は至高至(し)尊(そん)の色であり、紫(むらさき)辰(たつ)殿(どの)・紫(し)都(と)・紫服(しふく)等、紫はすべて最高位を象徴する色です。
火星の火は五行の火であり太陽であり、燃えそして移り行く火であり、明らかに照らす灯火でもあります。同時に事の善悪を明らかにする知恵でもあり、人間生活を向上する文明・文化でもあります。また、思考・内容・経過を明らかにする文章でもあります。また、火の明るさ・輝きから美なるもの総てを包含(ほうがん)します。
以上のことから、光と熱・明知・学問・芸術・芸能・政治・文明・出版・鑑定・新聞・テレビ・書籍・CM・裁判・地図・契約書・美麗・勝負・離別・移り気・露見・虚栄・美人・中年等の意があります。
運命の傾向
陽気で活発ではで好み。華やかなファッションや住まいにこだわる人が多いようです。口がたつので営業センスに優れ、強い影響力を持っています。普段は度が過ぎるほど陽気でも、時に極端にふさぎこみます。秘密好きですが秘密を守ることは苦手で、すぐに口外してしまいます。行動は思いつきに左右され衝動的。おだてに弱くだまされることのないよう気をつけなければなりません。

中には自分の才能を過大評価して素行を乱したり、財産をなくす人も見受けられます。エリート意識が高く実力以上にみせようとする面に付け込まれていしまうのです。

頭がよくリーダーシップを備えている人ですが、気がむいたことにしか力を発揮できません。本質的な努力をせず継続力がないため、大きなことを成し遂げるにはよほどの決断が必要です。情報収集力には優れていますが、怒りを発して事を破る短気な面や、飽きっぽいのが弱点です。また自己中心型で人を見下したり、人のアドバイスを聞き入れることも少ないことが今一歩ゴールできない理由となっています。

肉親の援助よりも他人の援助から運勢が開ける運命です。親兄弟や親友と離れ他郷や、国外で苦労をするとか、孤独になりわびしく晩年を送る事もあります。女性の中には夫に代わり家業を盛大に営む人もいます。

九という数字は一から数えて最大の数字ですが、人として完成された優れた面を多く持っています。ふりではなく、本当の努力をすることが開運のテーマとなります。また、神経質に陥るとうつ病などの病的になるタイプです。元来健康には弱い面があるために、その点には気をつけて日頃から体調管理をしていきましょう。
健康と体質
神経過敏・頭脳的であり、概して頑健とはいえず腺病質の傾向があります。従って頭脳・心因性・神経性の諸病、すなわちヒステリー・ノイローゼ・幻覚、さらに眼病・心臓病・乳房の疾病・日射病・熱病・火傷等に注意が肝要となります。
幸福への指針
常に理想を求め上位を目指すことはよいのですが、表面上の見映えよりも真に自己の内部的実力を練磨し蓄積しなければ安泰は得られません。同時に、移り気・多情・むらっ気を抑え、目標を絞って進まなければ常に中途半端に終わります。ライバルや目上・同僚を批判し中傷することなく、寛大さと謙虚さを持つことで運気が向上します。
適業・適職
政治家・思想家・学者・鑑定家・教育家・新聞雑社経営・ジャーナリスト・証券業・
美術工芸店・写真家・レポーター・広告宣伝業・俳優・画家・会計士・裁判官・
警察官・美容師・モデル等。

九星運勢と気質一覧
一白水星 二黒土星 三碧木星
四録木星 五黄土星 六白金星
七赤金星 八白土星 九紫火星
先ずは【本命星早見表】にてあなたの生年月日から本命星を見つけてください。本命星は1白水星から九紫火星まで9つの星があり、人は必ずどれかの星に属し、その星独特の運勢と気質を持っています。本命星を知ることで吉方位を見ることができますので、目まぐるしく変動する運勢を乗り切ることが可能となります。

【本命星早見表】はこちら

トップページ  ご挨拶  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
Copyright © 占惺會 All rights reserved.