占い 広島 ご挨拶
Greeting

はたして占いは迷信でしょうか?
いえ、決してそうは思いません。四柱推命や九星気学を学べば、人は生まれ年や月日によってタイプや癖が違うことに気が付きます。さらに姓名学を知れば、付けられた名前がその人の生き方や考え方に大きく影響を及ぼしていることも分かるのです。

生年月日(時刻)で占う運は「先天運」と言い、生まれ持っての運命です。これは一生を通じて変わることなく、私たちの人生を形成しています。

一方、「後天運」とは、生まれた後に定まってくる運命で、人が意図して動かすことのできる運命です。名前はもちろん、住んでいる土地や家からの影響、移動(引越・旅行)の際の方位などをコントロールすることで幸運を引き寄せることが可能となります。

人は運命を変えられるのか?
本来占いは後天的な影響力を活用して、その人を幸福な方向へと導いていくことを役割としています。人は運命の犠牲者ではありません。運命と幸運の法則を学び、努力をすることで運を支配し、幸せな人生をおくることができるのです。

対処のできない占いの結果に一喜一憂しているばかりでは能がありません。占惺會では、不運を幸運に変える“動の占い”を皆さんとともに研究し、実践することをその目標としています。

日本九星学会代表理事
占惺會主宰 
新川 王易
                        
代表者 略歴

新川王易(しんかわ おうえき)
占惺會主宰 日本九星学会代表 占術研究家 27年間にわたり姓名学、九星気学、家相学、地相学、方位学等を研究。占いとして当たるだけではなく、的確なアドバイスで悩みを解決するため人気があり遠方からの相談者が絶えない。
トップページ  ご挨拶  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
Copyright © 占い大好き!倶楽部 All rights reserved.