姓名の記入例
注意すべき字画
81数吉凶数意
基本数と同格現象
画数早見表









人は姓名の字や呼び方で人物の印象の違いを感じ、時には一瞬で人物を判断します。一方、姓名判断を信じず、迷信だと言い切りる人もいますが、姓名判断は中国3000年の歴史に支えられた統計学で、決して迷信と片付けられるものではありません。姓名学は学校では教えてくれませんので、学んだ人だけが神秘の力の恩恵を得られます。

1.姓名の記入例 
姓名の字数は4文字を基本とし、4つの枠に入れて計算します。字数が多い場合と少ない場合は以下のように分けて計算します。1文字の姓や名の場合仮数1を入れてください。



2.五画・二運
姓名を7つの部分に分けて鑑定します。
天格
姓の合計画数。天格を見ることで、その人の先祖や家系の情報を読み取ることができます。略字になっていても戸籍は旧字であることが多く、確認が必要となります。

人格
姓の最終字と名の第一字を合計した数。運命的に最も重要な部位で、主に30~50歳くらいまでの運勢を判断します。男性の場合性格やタイプがわかります。

地格
名前の合計数。初年運ともいい、主に0歳から30歳くらいまでの青年期の運勢に作用します。女性の場合は性格やタイプをみます。

総格
姓名のすべての数の合計数。仮数1は加えません。晩年の運勢に影響する部分ですから、結婚で姓が変わらない男性の場合は、吉数を付けなければなりません。

外格
総格から人格を引いた数。仮数1は外格のみに加えて計算します。周囲からその人がどう見られているかを判断します。対人運や恋愛運を判断します。

社会運
総格から名の最終字を引いた数。仮数は0とみなし計算しません。社会での活躍度、職業運をみます。

家庭運
総格から姓の第1字を引いた数。仮数は0とみなし計算しません。家族といい付き合いができるか、いい家庭を築けるかなどを判断します。

トップページ  ご挨拶  プライバシーポリシー  特定商取引法に基づく表示  お問い合わせ
Copyright © 占惺會 All rights reserved.